園の真ん中にある摺鉢池の主でもあり守り神でもある蛇の鼻かえるとその子供たち、今ではなかなかそのお姿を見る事ができませんが、時々園内を一人散策していると(※)突然雲が立ち込め小雨がパラパラと落ちてきてそのお姿を拝める時が稀にあります。守り神でもある蛇の鼻かえるもコロナに病かられては困るので、そのお姿を祀った蛇の鼻かえるの石像にもマスクをおつけしました。背に乗る小さなその子供たちも小さなマスクをつけています。※とおり雨が良く来る夏の時期、池沿いの散策路歩いているとガマガエル(ヒキガエル)に出会うことが(極稀に)あると言うことです。妖怪の類ではありませんのでご心配なく・・・。