福島県本宮市にある花と歴史の郷蛇の鼻は、四季を通して咲き誇る花々が鑑賞できる庭園です。

蛇の鼻その昔

  • HOME »
  • 蛇の鼻その昔

蛇の鼻その昔

今日の蛇ノ鼻地は、その昔、本宮町の豪農でもあった伊藤 彌の手によって開墾され 蒼龍山とよばれていた。千町歩ともいわれるその広大な敷地内には、農業の模範とすべく 牛、馬、豚、ヤギ、ウサギやニワトリなどを飼育するための、大規模な飼育舎がいくつもあり そこで繁殖させたそれらの家畜を、農家に分譲していたとされる。今でも残る鰻清水池には、 コイ、フナ、ナマズなどを放流して繁殖させるための養魚施設も有していたとされる。

1 2 3 4 5 6 7 8 9

お気軽にお問い合わせください TEL 0243-34-2036 4/1~10/25 9:00~17:00
10/26~11/30 9:00~16:00

  • facebook

PAGETOP
Copyright © 花と歴史の郷 蛇の鼻 All Rights Reserved.