福島県本宮市にある花と歴史の郷蛇の鼻は、四季を通して咲き誇る花々が鑑賞できる庭園です。

 

 

yurai 蛇ノ鼻地名の由来
平安後期に起こった大乱、前九年の役で源義家がこの地で交戦し、その際四方の敵に放った矢が 花の様に見えた事から、「矢ノ花」と呼ばれる様になった。その後、玉井村(現大玉村)と本宮町(現本宮市)に分割された際、 玉井には「矢ノ花」と言う地名が残ったが、本宮ではその地名と区別する上で、大名倉山に伝わる 大蛇伝説の「蛇」からとって、初めは「蛇ノ花」と呼ばれていたが、後世になって山が切れて盆地に落ち込む場所を 「鼻」と呼ぶ事から、今日の「蛇ノ鼻」になったと言う

 

 


花と歴史の郷 蛇の鼻のtwitterです。
最新情報はこちらをご覧ください。

 

新着情報

夏便り〜バラ園見頃続く〜

バラ園では2番目の花が見頃をむかえています。8月には秋バラを咲かせるための剪定により花を全て摘んでしまうので早めの観賞をおすすめします。スイレンもご覧いただけますが、12時以降は花が窄み始めますので午前中の観賞をおすすめ …

夏便り〜バラ園2番花見頃〜

バラ園では2番花が見頃をむかえました。

夏便り〜カラフルスイレン〜

摺鉢池のスイレンはまだ見頃が続いています。7月いっぱいの午前中であれば観賞できるでしょう。黄色のジョイトモシックや、オレンジ色のコロラドなどのカラフルスイレンも見れますよ。

夏便り〜バラ園二番花咲き始め〜

バス園では二番花が咲き始めました。見頃は7月下旬頃です。  

初夏便り〜紫陽花が見頃〜

里山の散策路沿に植えてある紫陽花が見頃をむかえています。見頃は梅雨明けくらいまで続くでしょう。

初夏便り〜スイレンが見頃です〜

園の真ん中にある摺鉢池のスイレンが見頃となりました。これから梅雨明け頃まで見頃が続きます。ピンク色の花の中に時折顔を覗かせる黄色いスイレンもあります。午後2時頃になると花がとじ始まるので午前中がおススメです。

バラ園見頃

バラ園が見頃となりました。花の数、大きさ、そして香りがベストコンディションです。今後の天候の具合でコンディションは左右されますので、出来る限り早めの観賞をおすすめします。

初夏便り〜スイレン咲き始め〜

摺鉢池のスイレンが咲き始めました。

初夏便り〜バラ園咲き始め〜

バラ園のバラが咲き始めました。今月末には見頃となるでしょう。

スイレン咲き始め

摺鉢池のスイレンがポツポツと咲き始めました。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook

PAGETOP
Copyright © 花と歴史の郷 蛇の鼻 All Rights Reserved.