福島県本宮市にある花と歴史の郷蛇の鼻は、四季を通して咲き誇る花々が鑑賞できる庭園です。

 

 

yurai 蛇ノ鼻地名の由来
平安後期に起こった大乱、前九年の役で源義家がこの地で交戦し、その際四方の敵に放った矢が 花の様に見えた事から、「矢ノ花」と呼ばれる様になった。その後、玉井村(現大玉村)と本宮町(現本宮市)に分割された際、 玉井には「矢ノ花」と言う地名が残ったが、本宮ではその地名と区別する上で、大名倉山に伝わる 大蛇伝説の「蛇」からとって、初めは「蛇ノ花」と呼ばれていたが、後世になって山が切れて盆地に落ち込む場所を 「鼻」と呼ぶ事から、今日の「蛇ノ鼻」になったと言う

 

 

 

あなたは人目のお客様です

新着情報

初夏便り

化粧する前の半夏生

初夏便り〜スイレンが見頃間近〜

摺鉢池のスイレンが咲き揃い見頃間近となってきました。

初夏便り

スイレンが徐々に咲き揃ってきました。

バラ園見頃

バラ園が見頃となりました。

初夏便り

ふじとつつじの季節が終わり幾ばかりかの休息の時期となりバラ、スイレン、シャクヤクの見頃の季節を待つばかり、今、それぞれに咲き始めとなっています。

ふじ祭り

大ふじ棚も、園内のキリシマツツジも今が見頃です。

ふじ祭り

大ふじ棚は8分咲きとなりました。今週末頃から見頃となるでしょう。

ふじ祭り

園内は、ヤマツツジ、キリシマツツジやボタンなど多くの花が見頃をむかえております。鉢植えのふじは見頃となり、当園自慢の大ふじ棚も見頃と間近です。

本日よりふじ祭り

本日より5月9日まで蛇の鼻ふじ祭りを開催致します。現在、大ふじ棚はつぼみの状態ですが、鉢植えのふじは咲き始めています。ふじのほか、園内ではヤマツツジ、キリシマツツジ、ボタンが咲き始めました。随時大ふじ棚の状況はここの提示 …

ふじ祭り

4月25日(日曜日)からふじの開花期間に合わせ蛇の鼻ふじ祭りを開催いたします。ふじの鉢植えの即売会やボタンやバラの苗木なども販売いたします。当園自慢の大藤棚や数十鉢のふじの鉢植えも展示されます。  

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook

PAGETOP
Copyright © 花と歴史の郷 蛇の鼻 All Rights Reserved.