福島県本宮市にある花と歴史の郷蛇の鼻は、四季を通して咲き誇る花々が鑑賞できる庭園です。

蛇の鼻御殿について

  • HOME »
  • 蛇の鼻御殿について

goten_t

 

福島県本宮の豪農伊藤 弥(わたる)の別荘として、明治37年に約10年の歳月をかけて完成されました。建築に用いられた材質の中には、現在では入手困難とされるものも多く見ることができます。玄関周りの巧妙精密な彫刻は、二本松市で200年以上の歴史がある、橋本仏具彫刻店の初代父子による作品といわれており、日光の東照宮にみられる彫刻の数々を参考にして製作されたといわれます。また、各部屋の襖を飾る作品は、狩野派を代表とする時代に名を残す画家たちにより描かれているほか、伊藤博文、三条実美、木戸孝允の扁額も見ることができます。

IMG_5306蛇の鼻御殿は平成8年(1996年)12月、文化財保護法により登録有形文化財として登録されました。登録有形文化財は築後50年以上を経過し、造形の模範となり再現が困難な建物が対象とされています。

第一室 鷺の間

 IMG_4657

 鷺の間では狩野常信、喜多武清、菊田伊洲など、江戸時代の中期から後期に活躍した絵師たちの作品を見ることができます。なかでも、仙台藩の御用絵師として活躍した菊田伊洲は、東 東洋や、菅井梅関、小池曲江らとともに仙台四大画家の一人とされます。
「紅葉渓流図」狩野常信 襖2面 紙本墨画淡彩
 「山海図」喜多武清 襖4面 紙本墨画
「葦五位鷺図」菊田伊洲 襖4面 紙本墨画

 

 正面の扁額は、周防国(現山口県)出身の政治家で、初代内閣総理大臣を務めた伊藤博文が書かれたもので、『雲物寄遊観』の五つの漢字が表す意味は、『雲に寄せる遊覧』の思いがつづられている。
「雲物寄遊観」伊藤博文 扁額 紙本墨書

 

第二室 鹿の間

 
 鹿の間の襖を飾るのは、仙台四大画家の一人で、仙台藩の御用絵師でもあった東東洋の作品です。正面の床の間周辺の材質は、床柱は香木の白檀、横の落掛はザクロ、床板には黒柿が用いられています。黒檀で縁取られた火灯窓も特徴的です。 正面左側の違い棚上の扁額は、尊王攘夷派の公家で、明治天皇を補佐する太政大臣を務めた三条実美が書かれたもので、『他人に対して親愛の情を身近なものにすれば、関係を良好に保つことができる』という意味が漢詩で表現されています。
「鹿渓流遊図」東 東洋 襖4面 紙本墨画淡彩
「山桜野鳥図」松村景文 袋戸2面 紙本墨画淡彩
「親仁善隣」三条実美 扁額 紙本墨書
 
床柱「白檀」香木
落掛「ざくろ」
床板・違い棚「黒柿」

 

第三室 老松の間

 IMG_5288
二階へと進むと老松の間と千鳥の間に沿ってケヤキの一枚板の廊下が続きます。秋田杉の一枚板の襖に仕切られて二十畳の大広間が二つあります。これら二つの部屋は、主に酒宴の場として利用されていたそうです。老松の間の六枚の襖に描かれた作品は、茨城県北茨城市出身の日本画家、飛田周山が大正十三年に、この建物に滞在した折に描かれたものです。床の間の床柱はビワ、床板はケヤキの一枚板、落掛は黒柿が用いられています。
「老松」飛田周山 襖6面 杉板着色
 「赤翡翠牡丹図」高久靄崖 天袋4面 紙本淡彩
 「欲託生涯江山是」木戸孝允 扁額 紙本墨書
 「百香院」森田悟由 扁額 紙本墨書
 
襖「秋田杉」
 床柱「枇杷」樹齢約400年
 落掛「黒柿」
床板「欅」一枚板

 

第四室 千鳥の間

 IMG_5285

IMG_5332

「磯千鳥図」勝田蕉琴 襖12面 杉板着色
「野鳥図」菊田伊州 天袋4面 紙本淡彩
「掛軸三幅」寺崎広業 掛軸
襖「秋田杉」
床柱「松」四方柾
床框「黒檀」

第五室 黒柿の間(蔵座敷)

「富獄の図」下村観山 壁画 紙本墨画
「雲上の富士」久隈守景 壁画 紙本淡彩
 「月夜の雁」谷 文晁、文一 襖1面 紙本墨画
 「梅に白鶴」平福穂庵 襖4面 紙本墨画淡彩
 
床柱・床板「黒柿」
天井板「白柿」
長押「檜葉」

 

第六室 梅の間(蔵座敷)

 IMG_5296
「四季の梅」菅井梅関 襖4面 紙本墨画
「あさり採り」谷 文一 襖2面 紙本墨画
「蒼龍山房」三井高敏 扁額 紙本墨書
 
床柱「印度紫檀」
床板 「黒柿」
落掛「山葡萄」樹齢約600年
天井板「白柿」

廊 下(二階)

IMG_5326

廊下板「欅」一枚板

蔵座敷階段

IMG_5289
 階段「黒柿」
  廊下「欅」

 

厠(渡り廊下脇)

IMG_3856
床板「黒柿・欅」
衛生陶器「瀬戸焼」

お気軽にお問い合わせください TEL 0243-34-2036 4/1~10/25 9:00~17:00
10/26~11/30 9:00~16:00

  • facebook

PAGETOP
Copyright © 花と歴史の郷 蛇の鼻 All Rights Reserved.