福島県本宮市にある花と歴史の郷蛇の鼻は、四季を通して咲き誇る花々が鑑賞できる庭園です。

yurai 蛇ノ鼻地名の由来
平安後期に起こった大乱、前九年の役で源義家がこの地で交戦し、その際四方の敵に放った矢が 花の様に見えた事から、「矢ノ花」と呼ばれる様になった。その後、玉井村(現大玉村)と本宮町(現本宮市)に分割された際、 玉井には「矢ノ花」と言う地名が残ったが、本宮ではその地名と区別する上で、大名倉山に伝わる 大蛇伝説の「蛇」からとって、初めは「蛇ノ花」と呼ばれていたが、後世になって山が切れて盆地に落ち込む場所を 「鼻」と呼ぶ事から、今日の「蛇ノ鼻」になったと言う。

パスポート案内

ボート案内

kaiun2

 

あなたは人目のお客様です

新着情報

ハンゲショウ色づき始め

  2年ほど前に、ボート乗船場近くに植えたハンゲショウが、少しづつ増え始め、今年も独特の白い 花を咲かせてくれました。ドクダミの仲間だそうです。そういえばどことなく似ているような気がします。

白いスイレンが咲き始め

    フジ棚の奥、園内で小池とよばれる小さな池があります。そこには毎年、白いスイレンがたくさん 花を咲かせます。ピンク色のスイレンと比較すると花の時期は短いですが、今、見頃をむかえています。

IMG_3062

アジサイが咲き始めました

  展望台に咲くアジサイの花。眼下にはスイレンの花咲く擂鉢池を望む。   様々な形、色彩のアジサイたち。梅雨が明ける7月下旬頃までが見頃です。

IMG_3055

ボートに乗ってスイレンを楽しむ

  スイレンの花が咲く擂鉢池にボートを浮かべまじかにスイレンを 観賞することができます。遠くから眺めると小さく見える花も 近づいてみると思いのほか大きい花であることがわかるでしょう。 残念ながら手漕ぎボートでないと無理で …

IMG_3042

スイレン祭り開催中です

梅雨の晴れ間。青空に朝のスイレンが映えます。 7月中旬頃まで見頃が続きます。 只今、スイレン祭り開催中です。園内ではそのほか アジサイの花が、徐々に青やピンクに色づき始めています。  

IMG_3023

サツキもきれいに

蛇の鼻御殿の庭園を飾るサツキ。    

IMG_3009

黄色いスイレン咲く

ピンク色のスイレンに寄り添うように咲く黄色いスイレン。 昨年、植え付けたものが成長し今年初めて咲いてくれました。 見つけたときは皆大喜びでした。 来年はもっと多くの花を咲かせてくれることと思います。

IMG_2988

バラ園見頃

        ただいまバラ・スイレン祭り開催中です。

IMG_2972

バラ園見頃まじか

バラ園が見頃をむかえようとしています。

IMG_2952

擂鉢池のスイレンが咲き始めました。

園の真ん中にある擂鉢池のスイレンが咲き始めました。 最盛期は7月で、これから徐々に花数を増していきます。

IMG_2932
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook

PAGETOP
Copyright © 花と歴史の郷 蛇の鼻 All Rights Reserved.