福島県本宮市にある花と歴史の郷蛇の鼻は、四季を通して咲き誇る花々が鑑賞できる庭園です。

yurai 蛇ノ鼻地名の由来
平安後期に起こった大乱、前九年の役で源義家がこの地で交戦し、その際四方の敵に放った矢が 花の様に見えた事から、「矢ノ花」と呼ばれる様になった。その後、玉井村(現大玉村)と本宮町(現本宮市)に分割された際、 玉井には「矢ノ花」と言う地名が残ったが、本宮ではその地名と区別する上で、大名倉山に伝わる 大蛇伝説の「蛇」からとって、初めは「蛇ノ花」と呼ばれていたが、後世になって山が切れて盆地に落ち込む場所を 「鼻」と呼ぶ事から、今日の「蛇ノ鼻」になったと言う

パスポートのご案内2

kaiun2

あなたは人目のお客様です

新着情報

蛇の鼻フォトコン作品展

平成29年蛇の鼻フォトコンテストの第2回作品展が、郡山市清水台の郡山信用金庫本店ロビーにて2月5日より開催されます。

5E50FA88-3559-4610-B6AF-4CCD24D30F77

今日から2月

今日から2月です。このところ毎日のように極寒の日々が続いています。園内の擂鉢池も厚い氷で覆われています。オープン期間中は子供たちの賑やかな声が響く鯉の餌付け場も今はしーんと静まり寂しく雪に覆われています。

D8B50DF5-C9C6-4BCB-B2AD-43BED5E94412

一足早く

蛇の鼻御殿裏の陽当たり良い土手にフキノトウが顔をのぞかせていました。今日は3月くらいの暖かさだそうですが、また明日からは真冬に逆戻りのようです。一足早く春を感じた今日でした。

2A13C3A0-2EDD-451A-AD1C-1E0D6D8C26DC

擂鉢池結氷

今日はこの冬最も寒いかもしれません。園内の擂鉢池も完全結氷しました。初夏にはスイレンの花で埋めつくされる水面も、今は霜の花が咲いています。

F06835FF-74CC-456D-9EE4-4C931DFFB77A

広報もとみやに載りました

昨年末に、本宮むかしむかしの会の方々がこられ、蛇の鼻御殿の老松の間で撮影されたものが、もとみや広報平成30年1月号の表紙になりました。

IMG_8420364

八日市開催

今年も1月8日(月祝)に八日市を開催いたします。 時間は9時から15時まで、蛇ノ鼻聖観音の参拝、しめ飾りを 納めるどんと焼き。だるまや福まさるなどの縁起物の販売なども行われます。 是非ともご来園ください。

453

謹んで年頭のご挨拶を申し上げます

新年あけましておめでとうございます。 本年も花と歴史の郷 蛇の鼻をどうぞ宜しくお願い致します。 社員一同

IMG_5142677

蛇の鼻フォトコン作品展

平成29年蛇の鼻フォトコンテストの第1回作品展が、郡山市栄町の東邦銀行郡山南支店のロビーで平成30年1月4日より開催されます。是非ともご覧ください。

91E6D7A7-EE38-4834-A37E-6A27CCFA7399

バラの剪定始まる

青空の下、バラ園の剪定作業が始まりました。

6F69732A-55AF-4628-959B-81FAB64A81B3

平成29年蛇の鼻フォトコンテストの授賞式行われる

本日、平成29年蛇の鼻フォトコンテストの授賞式が、審査にもあたられた本宮市にある日の出写真館の会長でもありプロカメラマンでもある伊藤正春先生をお招きして行われました。今年も昨年と同じく84名の皆様から226点の作品の応募 …

IMG_5751
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook

PAGETOP
Copyright © 花と歴史の郷 蛇の鼻 All Rights Reserved.