福島県本宮市にある花と歴史の郷蛇の鼻は、四季を通して咲き誇る花々が鑑賞できる庭園です。

yurai 蛇ノ鼻地名の由来
平安後期に起こった大乱、前九年の役で源義家がこの地で交戦し、その際四方の敵に放った矢が 花の様に見えた事から、「矢ノ花」と呼ばれる様になった。その後、玉井村(現大玉村)と本宮町(現本宮市)に分割された際、 玉井には「矢ノ花」と言う地名が残ったが、本宮ではその地名と区別する上で、大名倉山に伝わる 大蛇伝説の「蛇」からとって、初めは「蛇ノ花」と呼ばれていたが、後世になって山が切れて盆地に落ち込む場所を 「鼻」と呼ぶ事から、今日の「蛇ノ鼻」になったと言う

kaiun2

 

あなたは人目のお客様です

新着情報

桜便り

ソメイヨシノは満開となりました。

春便り

今日は強い風が吹き、午後には晴れているのに雨が降りとても多忙な天気でした。

春便り

ソメイヨシノはほぼ満開となりました。園内の散策路沿には、桜のほかレンギョウやヤブツバキなどの花も見ることができ、よくよく気をつけて見ると可野趣あふれるシュンランの花も楽しむことができるでしょう。ニホンタンポポも今が満開で …

桜便り

蛇の鼻御殿桜が月明かりの下、最後の輝きを見せていました。

桜便り

園内のソメイヨシノは木によっては三分から五分咲きとなってきています。今日は低気圧の影響でお昼頃から降り出した雨が雪へと変わりました。なんかの歌の詞のようです。

桜便り

本日より桜のライトアップを開始致しました。蛇の鼻御殿桜は今が最も紅色が濃く美しい姿を浮かび上がらせています。

桜便り

ソメイヨシノはまだ咲き始めの状態です。御殿桜は見頃となりました。エドヒガン独特の濃いピンク色の花は今が最も良い時期です。

桜便り

やっと開花宣言を発表できます。ここ数日の寒さの影響で足踏み状態であったソメイヨシノが本日開花しました。このまま気温が安定してくれたら週末は最高のお花見日和となりそうです。  

金運円満の蛇紋石のコーナーが新しく

蛇の鼻御殿内にある金運円満、商売繁盛の蛇紋石のお守りコーナーが新しくなりました。自身で商売を営んでいる方や、宝くじ購入者の方々などに人気があります。御殿見学の際には是非ともお立ち寄りください。

桜便り

木によってはちらほらと咲き始めました。御殿桜も枝先の方より咲き始めています。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook

PAGETOP
Copyright © 花と歴史の郷 蛇の鼻 All Rights Reserved.